いごこちじかんわたしじかんブログ

子宮ポリープちゃん、どこにいった??

ゆる~くココチよく 私の在り方、私の生き方
『整う・彩る・緩む』人生を♬日常の余白を愉しむ いごこちじかんわたしじかん♡
ライフリクリエイター中村美枝子です。

今日は“いごこちじかんわたしじかんができるまで”の番外編になるかも!?
去年の子宮がん検診で“ポリープの赤ちゃん”が見つかった!

『あら~、あら~。どうしようかなぁ・・・』ある意味、そこから腹をくくった^^ 結果『これぞ自然治癒力!』更年期も抜け切りスキップしたくなるほど体が軽くなりランランラン♪

まさかのポリープちゃん発見

娘を出産してから毎年、欠かさず検査に行っていましたが、45歳くらいの時に「中村さん、毎年検査しなくても大丈夫ですよ^^」と言われ、2年に一回の検査にしようと思っていたのが、気がついたら4、5年放置状態。気にはなっていたものの、毎年の検査の時は習慣になっていたんでしょうね。リズムが狂うと、すっかり『また今度』が重なり気がついたら・・・。

やっと重い腰を上げて、昨年の6月に検査。下腹の痛みがあったりなかったりしていたので、その話をすると『一応、内膜の検査もしておきましょうね』ということに。エコーでみてもらったら、小さなポリープ発見。陽性ではないと思うけど検査に出すということと、半年後にもう一度検査をしてポリープが大きくなっていたら、手術して取りましょう。ということになりました。それまでに不正出血や、生理の時に出血が多かったり、おなかの痛みがひどかったら、すぐに来てくださいとのこと。この2年ほど閉経が近づいてきたのか、生理も日数がどんどん減るし、急に出血が多かったり極端に少なかったりと。生理痛もひどいときと、そうでないときの差が大きい。いわゆる生理不順になりホルモンのバランスがガタ落ちになっていきました。結果、陰性だったのですが、12月の検査で1㎝になっていたら内視鏡手術をすることに。

そんな状態なので『ポリープがある』と言われたときから、少しの痛みで『大きくなったのかな?』ちょっと出血が増えたりすると『もしかして陽性に?』などなど、いろいろと思い巡らせる。子どもたちには何も話さず、『ポリープできてるみたい』の一言でパパさんは『えっ!?』と動揺がみえたので、(こりゃいかん!)と思い『なんかポリープの赤ちゃんみたい。半年後の検査で1㎝くらいになってたら、内視鏡でチョチョって取るだけやって~』と軽~く話しました。気持ちが持っていかれないように『大丈夫!』と常に自分に言い聞かせる反面、手術になることも頭に置いて、準備を始めました。

恐るべし更年期がやってきた

その準備とは? 2019年に入り『働き方を変えよう』と心に決めてスタート。前年度に決まっていたお仕事が5月まであり、なんとか頑張って終わらせました。それ以降の仕事は一切予定を立てず、講座もイベントもランチ会もやめて、お片付けサポート、空間プロデュースのご依頼のみ受けていました。どうして『なんとか』だったのかは、48歳くらいの時から更年期かなぁ・・・っていう感じで体の異変があり、まだまだ子どもたちのサポートも仕事も忙しかったので、だましだましやってきましたが、去年、年明けから、本当に辛くなってきました。心も持っていかれる程で、予定がない日は一日中家事もできず、何もやる気が起きずダラダラと過ごす日々。恐るべし更年期!女性にとってホルモンのバランスが崩れることほど怖いものはない。

そんなこんなで予定の仕事を終わらせ6月に入り、やっと検査に言ったら・・・・『ポリープちゃん』ここから、私の生活環境改め期間に突入します^^

とにかく一旦、仕事のことは忘れよう!と決めました。とはいっても、娘や息子の教育費は、これからドンドン増える。収入ゼロというわけにはいかないので、昔取った杵柄・・・事務がやりたい!と思い始めました。独身時代は事務職が天職だと思い、楽しく仕事をしていた私。結婚後も事務職で復帰をしたかったのが、なかなか叶わずいろんなパートに就くことになり結果、起業。でも心のどこかで、復帰のときに事務職に就けていたら起業はしなかっただろうと、今でも思っています。まだまだ事務の仕事をやり切っていなかった!という気持ちが残っていたのかも?

そして7月から週2(1日5時間)で事務のお仕事を始めました。もちろんメインではなく『自営』だということも話し事務の仕事が『副業』になっています。なんてありがたい。感謝しかありません。そして働いている皆さんと共有できることがたくさんあり、楽しい時間になっています。

20年ぶりに事務の仕事をやってみましたが『まだまだいけるやん!』とサクサクと手が動く自分に驚く・笑

もう一度、暮らしの在り方・仕事の在り方を考える

2019年。50歳を迎えたこともあり残りのセカンドライフをどう生きようかと、じっくりと自分自身と改めて向き合いました。

 

《仕事の在り方・暮らしの在り方で変えたこと》

●人間関係の整理
「人を切る」って聞こえは悪いですね。でも人間関係の整理は自分を大切にするため、自分のやりたいことを大切にするために必要だと思っています。整理をしたからと言って「ご縁」が切れるわけではない。今は一緒にいなくても自然の流れに任せれば、また交流することがあるかもしれない。それが「ご縁」だと思っています。
今までも、何度となく自分のステージがあがる前には人間関係の整理はしていました。2019年は、たぶん私にとってすごく大きな整理になりました。周りに話すとドン引きされるくらい・笑

●生活環境の見直し
まずは食生活。今までも食に関しては意識は高い方で気を付けていたのですが、仕事が忙しくなるにつれて乱れていったことは確かです。もう一度、食事の摂り方を見直しました。そしてお家の整理。これも日頃から習慣になっているので乱れてはいない。ただ、以前の仕事関係のものは思い切って全部捨てました。仕事の在り方を変えると決めたなら、今までやってきたことに執着していてはダメ。そして娘が巣立ったこともあり、お家の大改造ができたのも良いキッカケになりました。一番大きく変えたことは「睡眠」。私に一番足りなかったこと。とにかく寝た!熊の冬眠?っていうくらい。一度「寝る」ということに意識を向けると眠たくて眠たくて仕方がないほどでした・笑 お片づけサポート全盛期。整理収納のお仕事をされている方でしたら分かると思います。アシスタントも持たず、ひとりでサポートしていたので、1か月に7人から8人という時期は大変でした。子どもたちのサポートも全盛期。娘のバスケットボール、息子のサッカー。息子に関しては土日祝の試合、週3回のナイター練習。そして役員3つ掛け持ち。正直、あの頃は家の中も、とんでもないことになっていましたね。

●自分の体と心が喜ぶこと
8月→大人の部活動開始。ランチ会からオフ会へ。今までのランチ会は、お仕事を前提に開催していたもの。それをやめて「オフ会」という形に変え、本当に私と話したい方、会いたいと思ってくれる方にお越し頂き、心地いい時間を過ごしてほしい。そして私自身もそういう時間で在りたいと。大人の部活動は、遠足や野外活動、カラオケなど。気の合ったみんなでワイワイと子どもの頃のように、なにも考えずに楽しもう!という思いではじめました。

大好きな海へ出かけること、自然の美しさを感じること。そしてなにより、私が一番喜ぶことは、子どもたちと過ごす時間。夏休みは思いっきり、娘と息子との時間を愉しみました。仕事のことを気にせず、家族との時間や大好きなおうち時間を堪能しました。

走り切った40代。あっというまの10年間。

10月頃、「もしかしたら手術になるかもしれない。簡単な手術だけれど、たぶんしばらくは気持ちをもっていかれる。」そう思い、2020年4月から再スタートのために仕事の土台作りだけでもしておこうと。以前から気になっていた「ボタニーペインティング」の受講、認定試験。4月開講に合わせて動きました。そしてホームぺージのリニューアル。コツコツコツコツと時間の合間をぬって3か月間集中。何回も何回も訂正しながら、やっと自分が納得のいくホームページに^^
そして、ライフコンサルティングのオンライン講座の準備。頑張りすぎず、また新しい目標に向かって歩んでいけるように、自分の気持ちの切り替えと心を立たせることに意識を置いた1年間。そうこうしていると驚くほど体が軽くなり気持ちもスッキリして『更年期抜けきった~』って感じた年明け。

そして先月、2月に子宮がん検診の再検査のため病院へ・・・。驚くことに『ポリープちゃん』がなくなっていました。生理のたびに粘膜と一緒に流れる場合もあるとのこと。これって本当の意味で自然治癒ですよね。人間の体って正常であれば、要らないものが入ってきたら自然に外に出す。生活環境を整え、心身とも癒すことで免疫力もアップ。本来あるべき体に戻るということが身に沁みました。「ポリープなくなったよ」ってパパさんに伝えると「そういえば、昔ハムちゃん飼ってたとき、おなかにイボみたいな腫瘍みたいなのできたよね。そのとき、みえちゃん餌とか寝床とか全部、自然のものに変えたらきれいに治ったでしょ。」そうそう、そんなことあった。

妹ちゃんには「神!」と納得され・・・笑

これからの人生必ず変える!と決めた40歳の誕生日。模索しながら好きなことを仕事にし、2014年から2018年は仕事、子育て、家事に奮闘しながら睡眠3時間で、とにかく目のまえに在ることにチャレンジをしては失敗し、それでも頑張った日々。今思い返しても「よくやっていたなぁ。」と思うばかり。しんどいながらも仕事は楽しくて、どんどん変わっていく世界にわくわくがあったんだと思います。今、同じことをやれといわれても、きっとムリ(笑) 40代といえど、やっぱり『若さ』があったのだと思う。40歳の人生の転換期、そして50歳になり、さらに大きな転換期だと思います。走り抜けた40代。10年間、様々な体験をし、頑張れば必ず結果がでることもわかりました。50からの人生は、頑張りすぎず、ゆる~くココチよく♬家族の笑顔と共に自分の人生を生きていきたいと思う。今、私は最高に幸せで自分のことが大好きです。


◆いごこち塾 『聴く・話す』(対面・オンライン・メール)一体型講座◆

——家庭を大切にし家族の笑顔と共に自分の人生を愉しみたい方へ——-

Lifeコンサルティング詳細はこちら

いごこちじかんのライフコンサルティングは『おうち時間を楽しみながら自分の人生も大切にする』ライフリクリエイトです。講座だけでは落とし込めない。というお声も多々お聴きしております。確かに、受講後数日は「やる気」がありますが、時間が経つにつれてモチベーションは下がっていきます。

本気で『暮らしを整えたい』『今の自分を変えたい』その為には、目に見える改善の方法はもちろんのこと、大事なことは頭と心。『思考転換と行動とメンタル』だということにいきつきました。行動を起こすには『思考転換』し考え方や捉え方を変えること。そして継続できるようにメンタルを強くすること。このメンタルの部分に『自分軸』ということが絡んできます。数時間の講座をして終わり。ではなく、オンライン・メールでサポートいたします。あなた自身の心がしっかりと立つまで寄り添います。

【モニター募集中】
ご自身の経験や講座の感想、受講後の変化など、ご提供してくださる方にモニター価格でのご案内です。

ご質問等、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ


お片付け、お掃除、子育て、パートナーシップ、対人関係など。「なにかがちがう?」
そんな違和感があるまま生活するよりも「心のモヤモヤ」を緩めることで、毎日の暮らしが変わります。いま目の前に在ることをスルーしても、それは解決したわけではありません。目の前に在る自分と向き合うことから始めることで、今まで気づかなかったことが見えてきます。「わたしはわたし」自分の人生は自分で創り上げていくもの。毎日の積み重ねが、あなたの人生そのものになります。

Restartするときがターニングポイント♡あなたのココチいい暮らしが動き出すとき。

 

℡ 090-3674-0639
受付時間 10時~18時
お問い合わせ

【サービスエリア】・三木市・加西市・加東市・西脇市・明石市・加古川市・姫路市・太子町・稲美町・神戸市・大阪府・尼崎市・西宮市・京都府・三田市・丹波市・福知山・宍粟市・岡山市 その他、ご相談賜ります。

関連記事

PAGE TOP