いごこちじかんわたしじかんブログ

これってドラマの中の話じゃなかったの?

お家の風通しを良くする 『整理収納・空間収納・ルームスタイリング✨』
この3つの視点から、あなたにとっての「いごこち」をお手伝いします。

あなたの人生にここちよいヒントをお届けするライフリクリエイター 中村美枝子です。
『いごこちじかんわたしじかんができるまで』私の振り返り5回目。

8年半も勤めた会社を辞めたワケ。

《いごこちじかんわたしじかん》ができるまで ◆part5◆

ちょっとした気の迷いが人生を変える

入社8年目にして事件は起こりました。当時は『寿退社』というのはよくあることで、私が退職する1年前に一つ上の先輩も寿退社をしたばかり。春まで新入社員を待つ間、その先輩がしていた業務もすべてひとりですることに。毎日残業。デスクの上は前にいる人が見えなくなるくらい資料や伝票が山積みになっていく・・・・昼休みもままならない。ほんとに死ぬかと思ったほど。

そんな日々を送っていたころ、孫の結婚を生きがいにしていた祖母から『お見合い話』が。待てど暮らせど結婚しない私をどうにかしたくて、せっせとおばあちゃんは見合い話を持ってくる。結婚願望が全くない私は、いつもスルーしていました。

世の中は25歳が結婚適齢期と言われてた頃。とにかく外野がうるさい。会社でも他社の営業さんにも、親せきにも近所のおばちゃんにも『まだ結婚せーへんのか?』という言葉が容赦なく挨拶のように浴びせられる。【結婚をして子どもを産み家を買って幸せな家庭を築く】誰が決めた?この幸せ構図。20代の私は絶賛ひねくれ中ということもあり、いちいち周りの人たちに気持ちの中で反論していました。もちろん笑顔で『相手がいないんですよ~』といいながら。

でね。仕事の疲れや外野のうるささに心が血迷ったのか・・・『おばぁちゃん、会うだけやったら・・・』と人生初のお見合いをすることになりました。

青天の霹靂とはこういうこと!?

それとなくお見合いも終わり、なぜか先方に大層気に入られました。特に毎日が楽しかったわけでもなく、目標とか希望とか。やりたいこととか。なんにもない私。早く家を出たかった私は、なんと『結婚OK』をだしてしまいます。もちろんタイプでもなく、いやタイプじゃないどころか掛け離れすぎている。会うたびに「マザコン」だと分かってきて気持ち悪くなる。お家は事業をされていてとってもお金持ち。でも相手と話すたびに違和感を感じる。なのに結婚しようと思ったから不思議でなりません。たぶん『現状』から逃げ出したい気持ちが、それ以上に勝っていたんだと思います。

まぁ、結納、結婚式、新居と、とんとん拍子に話は進んでいく。先方主導で。そして結婚指輪からウェディングドレス、新居の家具まで相手の母親が主導権を握ってきた。いやいや、それはおかしいでしょ?と私と母は首をかしげる。そして母が『ウェディングドレスだけでも娘の気に入ったもの、こちらで決めさせてもらえませんか?』と伝えたところ、戻ってきた言葉が『このお見合い、白紙にもどします』でした。【結婚破談】ってドラマの中の話じゃなかったんだ!と思った瞬間。

 

『ウェディングドレスだけでも娘の気に入ったもの、こちらで決めさせてもらえませんか?』この一言でです。理由を聞くと『継母のくせに口を出してくる』ということでした。

※現在の母は私が11歳の時に父が再婚しました。11歳年下の妹も腹違いの妹です。

ええーーーーーーー!ですよ。わけわかんない。親戚の叔母たちは『お見合いではよくあること』って言っていましたけど。

退職の6か月前、遅くとも3か月前には退職の旨、伝えないといけません。すでに退職願いは出していましたし会社の皆さんからも『結婚祝い』を戴いていました。そう、3か月後に私は「無職」確定だったのです。

このまま結婚するフリをして辞めようか?正直に話して退職はなかったことにしてもらおうか?と、母と話した結果『時期はわからないけれど延期になり結婚はなくなりました』と言って『結婚祝い』を返すことにしました。でもそのときに経理主任だった10歳上の女性から『返さなくていいですよ。長年がんばって働いてくれたっていうみんなの気持ちだし、結婚祝いじゃなくても退職祝いだと思って受け取ってください』と優しい言葉をいただいた。

そして退職の日まで複雑な気持ちを抱えながら毎日を過ごし、みんなに送別会をしていただき大きな花束を持って帰りました。母は『お疲れ様』といってくれましたが、母も私も苦笑い。少しゆっくりしたら?って言われましたが『早く、次の仕事さがさなくては!』と派遣会社に登録をしました。

毎日がどうでもよかった私は、更にどーでもよくなり、退職金は・・・・というと、コツコツためた貯金と合わせてキャッシュで140万の車を購入。結局2年弱ほど乗って手放しました。懐かしいカリーナちゃん♡

こういう形で会社を辞めることになり『パニックになる』とか『不安になる』とか『焦る』とか、そういう感情は一切なく『あーーーーーぁ・・・・どうしようかな』と淡々とした自分がいました。

今となっては笑い話のネタになるほど【結婚破談】は、私にとって心の傷としては全く残っていません^^ その前後の出来事が人生経験のひとつになったことは確かです。

環境差別って勝手に言ってます

《継母のくせに》っていう言葉。私の中では『環境差別』って思ってます。世間では『お父さんがいない』『お母さんがいない』いわゆる『あの家は片親だから』もしくは『あの子、継母だから』っていう、なんだろ?なんか『✖』をつけられた感じ。今でもそういう意識の方って少なくはないんじゃないかな?表に見える情報だけで裏に見える背景を知らない。それは偏見でしかない。

そういう環境になったのは、子どものせいじゃない。子どもは選択できないんですよ。だから育った環境を見て、人を批判したり人格までも否定することは『環境差別』だと思っています。

母が私のお母さんになった11歳の時、ひとつだけ誓ったことがあります。『絶対にグレない!』今はどうかもですが、当時は『あの子、やっぱり継母だから不良になっちゃったね』ってささやく大人たちがいた。まぁ『グレる』って言葉じたい、死語?(笑)かもしれませんが『グレてやるもんか!』って思っていました。子どものちっぽけな大人に対する抵抗です。

差別ってね。本当に人の心を傷つけます。学歴でも、国籍でも嫌な思いはいっぱいしてきました。でもそれが私の人生で。

今日も長文になってしまいました。最後まで読んでくださってありがとうこざいます。まだまだ私の振り返りは続きます^^

いごこちじかんわたしじかんができるまで ◆part6◆へつづく・・・

part1⇨人生の半分?人生の折り返し地点っていつ?
part2⇨「笑顔」で「頑張る」居場所探しの長い長い時間
part3⇨事務職は天職!空白の2年間
part4⇨タフな私が限界を知った日~突発性難聴との付き合いが始まる

ブログというツールで発信を始めてから6年。文字を通して綴っている原点は私がこれまで生きてきた時間から湧き出るもの。『生き方』というかっこいいものではなく『生き様』という泥臭いもの。少し長くなりそうですが《いごこちじかんわたしじかんができるまで》お付き合いいただけると幸いです。


Line公式⇨全メニュー割引、オフ会、大人の部活動、暮らし情報、音声ブログ配信中!

【暮らしの見直し🌸いごこち相談カウンセリング】※オンライン相談随時受付
ライン@からのお申し込みで
通常10,800円(税込)⇒初回限定8,240円(税込)・対面/オンラインとも

・『人生の棚卸』をして自分を見つめなおす時間 なんとな~く思っていることが明確になります。
・思考と心を緩めることで毎日の暮らしを 特別なものにかえられるかも?!

暮らしのこと、ご自身のこと、お子さまのこと。 どんなご相談でもお気軽にお問い合わせください。
🔶暮らしコンサルティング 🔶ライフコーディネート 🔶わたしの原点回帰

心機一転!理想のお部屋作りのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
「背中をぽんっ!」でメッセージをくださいね。心軽やかに心地よい暮らしのスタートいたしましょう

いごこちよい暮らしのシステム作り『いごこちルームスタイリング』あなたも体験してみませんか?

モニター価格、全メニューLine公式よりのお申し込みで割引があります。

Line公式友だち追加はこちら↓

友だち追加

Line@ID @lsj1878p

♬noteでは【心の在り方】ブログを配信中! こちらもお読みいただけると嬉しいです。
⇨ あなたの心に ここちいい風が吹く

◆自分の在り方・心の在り方でrestartの思考転換【体験セッション】のご案内もしています。


◇暮らしの困った!お気軽にご相談ください◇

お片付け、お掃除、子育て、パートナーシップ、対人関係など。「なにかがちがう?」
そんな違和感があるまま生活するよりも「心のモヤモヤ」を緩めることで、毎日の暮らしが変わります。いま目の前に在ることをスルーしても、それは解決したわけではありません。目の前に在る自分と向き合うことから始めることで、今まで気づかなかったことが見えてきます。「わたしはわたし」自分の人生は自分で創り上げていくもの。毎日の積み重ねが、あなたの人生そのものになります。

Restartするときがターニングポイント♡
あなたのココチいい暮らしが動き出すとき。
℡ 090-3674-0639受付時間 10時~18時 お問い合わせ

【サービスエリア】
小野市・三木市・加西市・加東市・西脇市・明石市・加古川市・姫路市・太子町・稲美町・神戸市・大阪府・尼崎市・西宮市・京都府・三田市・丹波市・福知山・宍粟市・岡山市 その他、ご相談賜ります。


関連記事

PAGE TOP