いごこちじかんわたしじかんブログ

片づけて、ラクに生きる ~ヒト・モノ・コト~

ゆる~くココチよく 私の在り方、私の生き方
『整う・彩る・緩む』人生を♬日常の余白を愉しむ いごこちじかんわたしじかん♡
ライフリクリエイター中村美枝子です。

2019年。1年間改めて自分を振り返り、起業をしてから今までにない過ごし方をしました。、昨年50歳を迎えたこともあり、残りの人生をどんなふうに歩んでいこうかと自分の感情をホリホリホリホリ・・・ そして年が明け、4月から再スタート。と同時にコロナさん。世の中が変わろうとしています。

違和感のなかで過ごす日々

40歳の時、それまでの人生を振り返り、残りの人生は心の底から笑える自分でいようと思いました。『好きなことを仕事にしよう』そんな淡い夢を持ち個人事業というかたちでワクワクとしながら飛び込んだ8年前。徐々に仕事も増えていき、子育ても娘のバスケットボール、息子のサッカー、役員もトリプルで全盛期。仕事も私生活も一番忙しい時期で寝る間も惜しんで頑張った4年間。

2年前ふと、立ち止まった時に『なにか』が自分の中で違和感があり、そこから少しずつ、得体のしれない『なにか』が、ずれ始めてきました。その『なにか』は、薄々気づいていたものの、今まで作り上げてきた自分を否定したくない思いから、見て見ぬふりをしていたのだと思います。

そして私は、自分の可能性をもっともっと確認したくて、たくさんのことにチャレンジをしていき、そこには確かに『わくわく楽しいこと』がありました。思い通りに事が運び、一見上手くいっているように見える。でも自分の中ではいっぱいいっぱい。『頑張っている自分』という私が目の前にいました。

何年もかけて幹を太く太くしていき、まだまだ自分の可能性を確かめたくて、たくさんの枝を作っていきました。でもその枝は「違和感」というカタチでポキポキと折れていき、自分で生やしていった枝だから、もちろん折れると痛い。そんな中でも幹が枯れないように、私は春以降から、先のことは考えずに、仕事も私生活も目のまえに在ることを楽しみ、とにかく頭も体も心も休めることを決めました。

まさかの『更年期』というかたちで強制終了

昨年の初め『ぷつん』と気力が切れた瞬間があった。こうなったら、もうなにも気が入らない。長年のオーバーワークも祟ってか心も体も「強制終了」になると、すべてがストップしだしました。一昨年後半あたりから体調もすぐれず『きたな・・・更年期』(笑)と思いながらもだましだまし、やってきました。

2019年からはイベントやランチ会、コラボ講座などすべて手放しましたが、それまでに決まっていた春までの予定が終わるまでは、がんばろうと決めていました。

まさかの『更年期』というかたちで強制終了。タフな私も「更年期」には勝てなかった(笑) 今まで普通にできていた家事に何時間もかかる。仕事がない日は気力が失せ、朝から夜までなにもできない。倦怠感が半端ない。体の不調が続くと心まで持っていかれてしまう。これには正直驚きました。今まで、どんなに忙しくても、睡眠時間がなくても、体の不調が続いてもメンタルだけは崩れることがなかったのに^^ 恐るべし更年期・・・。

そんな状況の中でも、暮らしの土台を作っていたこと、掃除や片づけを習慣にしていたことで、生活が崩れることはありませんでした。これには本当に救われました^^

緩めることで見えてくること

自分が作り上げた世界の中で、もがいている自分がなんだかおかしくて。一旦、すべてをリセットし距離を置くことで客観的に「わたし」という自分を見ることができました。上手くいっていたことを手放すことは、正直辛い。でも「違和感」のなかで上手くいっていることって、私の中では違うような気がしていました。頑張れば頑張るほど、どんどん『わたし』からかけ離れていく。

衣食住を見直し、五感を満たすことに時間を使いました。自分が心地いいと思えること。心の声に従うと体も心もドンドン元気になっていきました。そして私が一番大切なことに、たくさんたくさん時間を使いました。

昨年春から京都で一人暮らしを始めた娘との時間。息子が10年間、頑張ってきたサッカー。息子との中学最後のサッカーでの時間も思い存分楽しみました。そしてパパさんとの時間も今まで以上に。

お家が大好きな私は、家族との時間、お家での時間。そして自分の原点の仕事をもう一度見直し、気の合う仕事仲間との時間を過ごし、大好きな海や空を感じる時間をたくさんとりました。自然の中に身を置くと、人ってちっぽけなものだと思う。ただ此処に自分が在るというだけで心がスーーッと軽くなる。こうして、心身とも疲れていた私は、どんどん満たされていきました^^

すべてリセットをする覚悟をし、一旦、仕事から離れることで、体も心も随分と軽くなりました。心身とも疲れ切っていた時は、走り抜けた日々を顧みて、私になにが残ったんだろう?と、ただセツナクなるときがありました。改めて、振り返って思うことは自分軸という、しっかりとした根っこにはゆるぎない想いがあったということ。この10年間、自分を信じて過ごした時間は間違っていなかったということ。私がブレずに見続けていたことは、ちゃんと答えをくれたということです。本当の意味で自分を緩めることで、いまの自分、これからの自分が、とても心地よく目のまえに在りました。人が本当の意味で自分自身に還るとき、変わるというのは『緩める』ことができたときだと思います。緩めたフリではなくて、思考も心も体も軽くするということ。感情の振り幅が大きくならない自分になるということ。去年、自分との対話、心の整理があったからこそ、コロナさんの影響で世界が変わろうしているいま、焦りも、不安も、心配もない自分がいます。

ナチュラルに緩めらること。これって本当に難しい。自分を生きることは、たくさんのことを手放し、削ぎ落し、ひとつひとつのことに丁寧に向き合わなければいけない。でも、この世に生まれた限り、人はみんな愛し愛され幸せを感じる心をもって自分の人生を満たしていくことが、自分を生きることだなって思います。

去年1年間の様子は以前、ブログで詳しく綴っています⇨子宮ポリープちゃん、どこにいった??

片づけはモノだけじゃない

『ヒト・モノ・コト』はすべて、時空間の中で心と繋がっています。『人間関係、家の中にある物、今起こっている事柄』これらを片付けることで、暮らしが変わり、人生が変わっていきます。自分の人生は自分で作るもの。自分にとって心地良くないこと、違和感が残ることを取り除くことで、新しい風が吹きます。自分がやりたくないこと、嫌なことに時間や労力を使っても、自分のエネルギーを減少するだけです。もっともっと自分が本当に必要なことに目を向け、自分の心の声に時間を使う。あなた自身が自分を笑顔にすることで人生の展開は、ますます速まっていきます。

物の整理は基本中の基本。ここをなくして片づけはできません。事柄の片づけは、いま起こっていることの『本質』をしっかり見ること。ここにフォーカスすることで、物事はドンドン解決していきます。

多くの方の悩みは、このなかでも人間関係だと思います。『人の悩みは人間関係が8割』と言われています。どんなふうにヒトを片付ける? 人を片付けるって、聞こえが悪いですが、ご縁という言葉にとらわれすぎていると、自分をドンドン追い込みますよ。片付けるって、縁を切るとかそういうことではありません^^ 今ここに在る自分とのご縁のある方と過ごすこと。本当に縁があれば、切れることなくまた自分が必要な時に、きっと繋がります。

こうして、空間も心も体も『新しいスペース』を作ることで、今までになかったことが入ってきます。そして新しい世界が始まる。

整う・彩る・緩む

~整う~
整理から始まる丁寧な暮らし。日々の暮らしを整えることであなた自身が整っていきます 。衣食住は人が生きる基本。毎日の生活があなたの心も体も作ります。

~彩る~
私の好きで部屋をいっぱいに🎵 部屋をインテリアで彩ることは、あなたの人生を彩ること。部屋をセンス良くスタイリングすることはあなたの生き方をセンス良くスタイリングすることに繋がります。自分の「好き」を知り、空間が「好き」でいっぱいになれば、あなたの瞳に映る空間は「何気ない毎日こそが幸せなんだ」と教えてくれます。

~緩む~
心の声を聴き、自分を誤魔化さないこと。心と体を緩めることでホントの心地良さが得られます。人は頑張るときは精一杯、エネルギーを注ぎ、緩めるときはとことん緩めて心も体も休むことで、本来のあなたらしい姿になります。

心地よい空間の中で家族の笑顔があり、妻でもない母でもない『わたし』という自分も輝かせる。それが「いごこちじかんわたしじかん」です。どれだけ外へ意識を向けても、なにも答えは返ってきません。内へ内へと自分自身に意識を向ける。自分をもっともっと知り、もっともっと『わたしが好き』と思える女性が増えるといいな・・・。

いつもいつもそう思いながら、『自分を変えたい』『生活を変えたい』『人生を変えたい』変わりたいけれど、なかなか一歩がでない という女性に寄り添い応援をしていきたいと思っています^^

更年期がキッカケで手放すことは、すべて手放し本気で自分と向き合った結果、もう頑張らずに愉しむ毎日を送ろうと思いました。人生後半の生き方がスコーーーンと見えた2019年。セカンドライフは、まだまだ自分の可能性を信じてワクワクドキドキしながら、諦めずに常に自分の心の声と対話をしながら元気に過ごしたいと思います^^
そして、飾らずとも心がキラキラする透明感ある凛とした美しい女性になれるように。⇦ここはがんばる♬

あんなに辛かった更年期。今では『更年期さん、ありがとう♡』笑笑笑


ルームスタイリング詳細

Lifeコンサルティング

—–お客様のご感想—–
●お部屋の風通しも良くなりましたが心の風通しがもっとよくなりました!
●どうして片付けられなかったのかということが自分と向き合うことで分かりました。
●気持ちが落ち着いている自分が一番変わったと思います。
●一番変わったことは、付き合う人がごろっと変わりました。
●心のなにかが、いい意味でポロポロと壊れていって変われるような気がしました。
●たった5㎝で、こんなに変わるなんて!
●キレイになったところを何度も何度も見てしまいます。
●「要る・要らない」の迷いが背中をポンって押してもらえることで判断できるようになりました。
●自分では探せない収納用品をたくさん提案してもらい収納作りが楽しくなりました。
●1か所がキレイになると他の場所もドンドン片付けたくなりました。
●キッチンに立つのが、すごく楽しくなりました!!
●自分が考えもしなかった収納づくりに目からウロコ!
●不思議と気持ちがスーッとして自分の家が好きになりました。
●モチベーションも上がり、頑張る意欲につながりました。
●整理整頓の苦手な私が片付けをしたい!に確実に変わったと思います。
●家だけでなく人の心の中まで変えていけるすごい方でした!
●お母さんのように、なんでも笑顔で受け入れてくださる中村さんの温かさに存分に甘えさせていただきました。
●頼るべきは、『遠くの親戚より近くの中村さん』です!

 


◇心のお片づけから一歩が始まる◇

お片付け、お掃除、子育て、パートナーシップ、対人関係など。「なにかがちがう?」
そんな違和感があるまま生活するよりも「心のモヤモヤ」を緩めることで、毎日の暮らしが変わります。いま目の前に在ることをスルーしても、それは解決したわけではありません。目の前に在る自分と向き合うことから始めることで、今まで気づかなかったことが見えてきます。「わたしはわたし」自分の人生は自分で創り上げていくもの。毎日の積み重ねが、あなたの人生そのものになります。

Restartするときがターニングポイント♡あなたのココチいい暮らしが動き出すとき。

 

℡ 090-3674-0639 受付時間 10時~18時 お問い合わせ

【サービスエリア】
小野市・三木市・加西市・加東市・西脇市・明石市・加古川市・姫路市・太子町・稲美町・神戸市・大阪府・尼崎市・西宮市・京都府・三田市・丹波市・福知山・宍粟市・岡山市 その他、ご相談賜ります。

関連記事

PAGE TOP